19歳まいみんの世界を回る旅

19歳まいみんの世界を回る旅

2017年19歳の春、ずっと憧れていた海外オーストラリアに初のワーキングホリデーへ!現地に行かないと分からない裏話・お得情報、そして観光スポットなど!行ってみないとわからない有益な情報をブログに書いていきます!見ちゃダメだよ絶対!!?!

日本語教師のお仕事について

こんにちわっしょーい!!まいみんです!

 

イッテQが好きすぎて祭り男の宮川大輔さんのモノマネをしました!

分かりにくいのはご愛嬌!!

 

さてさて、今回はTwitterにてたくさん質問や相談があった

「日本語教師の仕事」について書いていきます!

f:id:maimi19:20170919025423j:plain

 

 

 

日本語教師を選んだ理由

 

 私はもともと高校や大学の時に交換留学制度で日本に来た海外の学生さんたちに日本語を教えるボランティアをしていました。(バディー制度を利用)

とは言っても、その時は日本語の文法をどう説明していいか分からないし、ちゃんとした知識も持っていなかったので「アップル、イズ、りんご!!」のように適当に教えていました( ;´Д`)

 

でも、ボランティアから今こうして私がオーストラリアで一つの仕事として日本語教師をしているのは「もともと持っている能力を使って仕事をしたい」という理由からでした。

 

私が現在、英語をここまで話せるようになるまでには、アルファベットを学ぶところから文法・単語を覚え、数え切れないほどの洋楽を聞いたり洋画を見たり、努力してやっとのこと日常会話を話せる程度になったので、新しい技術・スキルを得るには少なくとも数年は必要。

 

ということは、

自分が今持っているスキル・能力で、教えられるほど高度なものは自分が日本語を話せることなんじゃないのかな?と思ったのが、日本語教師のきっかけです。

 

吹奏楽部でサックスをやっていたり、絵画教室に行って絵を学んだり、ピアノを10年以上習っていたりもしましたが、やはり20年間使っている日本語には勝てませんでした。

 

とは言っても、私の授業は語学学校のように大人数相手にやるようなものではないし、かしこまったものでもないので、主に生徒さんに合わせて授業をしています。

 

日本語で会話をできるようになりたい人にはコンバセーション中心に授業をするし

ひらがななど基礎からやりたい人には読み書きから順番に教えていきます。

 

基本的に1対1です。

 

ただ、"ちゃんとした"日本語教師になるには

 

  • 日本語教育能力試験検定試験に合格
  • 民間が主催する420時間以上の日本語教育養成講座を修了する

 

などの必要性がありますが、私はこのどちらも成し遂げていません。

 

生徒さんもそれを承知した上で私の授業を取ってくれています。

 

ですが、海外で本気で日本語教師になりたい人は日本でそれらの過程を終わらせてから、現地の語学学校などに行って面接やインターンを受けた方がいいと思います。

 

実際に私はそれらの資格を持っていませんが、メルボルンの日本語学校の面接に行き採用をいただきました。しかし、あくまでもその採用はcasual(アルバイトで正規雇用ではなく、勤務時間なども週によって異なる)なので正規雇用でかつ、毎日授業をする日本語教師になるには最低でも資格が必要と言われました。

 

資格なしで海外の日本語学校で正規雇用されるのはほぼ不可能です。

 

 

そんな私でも生徒さんを10人以上持った方法は

 

掲示板で募集記事を出す

 

ということでした!

ではその方法を詳しく説明していきますね(*´▽`*)ノ

 

10人以上生徒さんをゲットする募集記事を出す方法

 

 私は基本Gumtree(ガムツリー)というサイトで募集記事を出しています!

 

Gumtreeはオーストラリアで使われているサイトで、求人募集や中古品の販売などいろいろな目的で使われている掲示板です!

 

パソコンで見るとこんな感じ↓f:id:maimi19:20170902093712p:plain

8月20日現在だと約300万もの広告がGumtree内にあるそうです!

めちゃくちゃ多い!!どれだけこのサイトが使われているかがわかりますね

 

私の投稿した掲示板のタイトルは

Japanese Tutor (日本語の家庭教師)

 

 

掲示板を出す時に一番気をつけるべきこと

  • タイトルを明確にすること
  • 引き寄せるような不安要素のない画像・説明を載せること
  • 説明欄に自分についての紹介や、実際にどんな授業が受けられるかなどをかしこまりすぎずに、読み手に分かりやすくかくこと

などが挙げられます。

 

画像もTHE日本人という感じの着物姿!笑(振袖試着した時に撮ったもの)

引き寄せられますよね!!!

 

ちなみに私の説明文/紹介文はこちら↓

 

この下の最後に「Feel free to ask me any questions. Thank you.」と書きました。

写りきらなかったので省略。

 

意訳すると...

 

ハロー、そして、こんにちは!

私の名前はまいみ、東京出身の日本人です。

あなたはアニメ・漫画・日本食は好き?それなら、私と一緒に日本語を学びましょう!

私は海外に住んでいるたくさんの友達に日本語を教えたことあるから、今回も同じようにあなたが日本語を学ぶ手助けをしたいの!

初心者の人にはひらがなや簡単な挨拶から勉強してきます

中級者の人にはビジネス会話の勉強をします

「話す・書く・聞く・読む」の中からあなたが学びたいものを選んでね!

質問があったらいつでも聞いてください

読んでくれてありがとう

 

などこんな感じの説明文を書きました!

 

あとは

  • 通常どこで授業を行うのか
  • 1時間いくらなのか

なども書くと分かりやすくていいと思います!!

東京出身ではないですがその方が分かりやすいので東京出身と書きました笑)

 

このように固すぎない英語で書いた方がもっと親しみを持ってくれるので、メッセージがきやすくなります。なので、「ちょっと日本語勉強してみたかったんだ!」という人がとても多いです。

 

電話番号を入力する欄がありますが、

私はいたずら電話防止の理由で入力しませんでした!

 

ちなみに有料ですが、検索した時に常にトップにくるような機能を追加することもできます。面倒ですが2週間毎ぐらいに記事を消してまた同じ記事を投稿すれば上の方に出てくるので私は払いませんでした。

(同じ内容の投稿を消さずにそのまま2枚目を投稿すると削除されるので注意)

 

でも無料で自動的にGumtreeがこの記事を合計どのくらいの人が見たのか、シェアされたのかなどの統計を見せてくれるようになっているので便利!

 

こんな感じで掲示板を出しました。

 

あとはメッセージが来たらそれに返事をして

  • レッスンをする時間、場所を決める
  • 生徒のレベルを聞いてそれに合わせたレベルの授業プリントを印刷する
  • 生徒の学びたい日本語の方向性も聞く(会話中心なのか、読み書き中心なのか)

などのやりとりをして授業に入ります。

 

基本的に1時間〜1時間半の授業を取られる方が多いです。

私は学生に対しては5ドルOFFで授業をしています。

 

※女性の方に注意※

日本人の女の子は海外で人気があるので、日本語を学ぶ目的ではなく、わいせつな目的、出会い目当て、または日本語を教えることに関係のない目的でメッセージを送る人がいます。

私はきちんと日本語を学ぶ目的でメッセージしてくれた人。かつ、失礼なメッセージを送ってこない人に対してだけ返信をしています。自分の身は自分で守るのが鉄則です。気をつけましょう。

 

基本の授業の進め方

 

とは言っても、

「初めての人には何を教えればいいの!?」となりますよね

 

先ほどの説明文に書いたように私は初心者の人にはひらがなから教えます。

f:id:maimi19:20170919025423j:plain

この写真はひらがなカタカナなどいろいろを教えた時の写真

(簡単な返答や動物の鳴き声の違いなど生徒さんに質問されたので書いています笑)

 

Wordでひらがな表・カタカナ表を作って

Officeworksで印刷した後、授業で生徒さんに渡し、説明していきました。

そして左側に見えるのが簡単な文法の練習シート。

 

「(私・あなた)(名前・日本人・アメリカ人)です/じゃないです。」

 

の自己紹介文の一つをひらがなを教えた後にやりました

基本的にひらがな表を見てひらがなを覚えるより、文章・単語から覚える方が簡単だし、覚えやすいそうです。

 

そこで私が最近発明したのがこの「ひらがなカード」

f:id:maimi19:20170820181758j:plain

中級者には単語ゲームできるし、初級者には一枚一枚めくって見せて

「これ何て読むでしょうか!?」というクイズも出来るので役立っています。

 

中級者、会話中心で学びたい人には毎回お題を決めてその話題を話すようにしています。

そして、ただ話すだけではなくて、話している時に生徒さんがわからなかった言葉、引っかかった言葉をピックアップして紙に書いていきその場でも説明しますが、最後にまとめてもう一度説明し、理解を深めるようにしています。

 

日本語能力試験に合格することを目的としている人にはこんな過去問を書いて一緒に解いたりしていました 

f:id:maimi19:20170902094533p:plain

 

相手に合わせた授業プリントを作るだけではなくて、日本語の文法や活用を一から学び、自分が理解した上で、それを英語で説明しなければいけないので私は1時間25ドルもらっていますが実際は割合悪いと思います

 

日本語教師クイズ

 

「でも日本語なんて知ってるし、簡単でしょ!」って思っている方!

ここでいきなり問題です!!

 

「食べる」という単語。

なんで「食べます」に変換するか知っていますか?

 

「ただ "る" をとればいいだけなんじゃないの?」

 

そう思いますよね!(私は最初そう思いました笑)

 

では「歩く」→「歩きます」はどうでしょうか?

「する」→「します」は??

 

「る」を取るだけでは説明しきれないですよね笑

 

私たちは日本語を喋れますが、日本語の構成・文法を知らずに話しているんです

日本語教師になるには「自分がすでに知っていることだけど、知らない立場になって考えるということが出来る人がいい先生になると思います

 

最後に

 

自分の生徒さんたちは

下は14歳の中学生から上は50歳以上のサラリーマンなど年齢も様々ですが、オーストラリア人の方はもちろん、中国人・インド人など別の国籍の方もいます。

 

オーストラリア以外の人々と繋がれるのも、

オーストラリアでワーホリをするメリットの一つでしょう!!

 

もう一度言いますが、私は日本語を

"ちゃんと"教えるために必要な資格は持っていません。

ですが今私に出来る事、全力を出して毎回授業をしています。

 

今回紹介したのはあくまでも私のやり方です。

 

今日は4000文字以上書きました!誰か褒めて褒めて!!笑

 

 

以上!まいみんでした!!

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!!

 

ポチっとお願いします!↓↓↓

 

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 女子大学生へ
にほんブログ村