19歳まいみんの世界を回る旅

19歳まいみんの世界を回る旅

2017年19歳の春、ずっと憧れていた海外オーストラリアに初のワーキングホリデーへ!現地に行かないと分からない裏話・お得情報、そして観光スポットなど!行ってみないとわからない有益な情報をブログに書いていきます!見ちゃダメだよ絶対!!?!

メルボルンでワーホリ中に私がした4つのバイト紹介

こんにちまいみーん!

 

さて!今回の記事はこのツイートにリプをくれた方の質問を記事にしました!

 

 

リプでは「ワーホリでどんな仕事があるのか」について質問してくださったので、

今日は私が今までにしてきた仕事を全部書いていこうと思います!

 

それではスタート!!!

 

 

 

今までにしてきたバイト

 

私は3月の後半にメルボルンに来て以来、

今までで合計で5つの色んなバイトをしてきました!

 

今回は古い順(働いた順)に紹介していきますね

 

そして、一つ一つの内容に

  • 雇用されるまでに何をしたか
  • 仕事内容
  • 給料
  • 働いた期間
  • 実際に働いた感想

などを書いていきます!!!

 

 

日本食/居酒屋レストラン

 

ここは私が

一番最初に働いたところであり、

一番給料が少ないところでもあり、

一番働いた期間が短いところです!!笑

 

なんとメルボルンに着いてから3日目で初出勤でした

 

相当早いスピードだと思います!

 

ワーホリに来た人の中には一ヶ月、そして二ヶ月間も働く場所が見つからなかったという話を聞くことがたまにあります。

 

私は金銭面であまり余裕がなく、なるべく早く働き始める必要があったので

着いた日の二日目にはResume(履歴書)を完成させて配り歩いていました

 

雇用されるまでにしたこと

このお店はは彼氏から「ここ募集しているよ!」と言われ、

その店舗のマネージャーの電話番号を教えてもらい直接「働きたいです」等のメールを送ったところ「Resumeを持ってきてください」とのことだったので、

いそいでResumeを書き終わらせて出しに行き、翌日にはTrial無しの即雇用でした!

 

一般的に雇われるまでには

Resume(履歴書)の提出 → 面接 → Trial(体験就職)→ 採用

 

 という流れなのですが、店舗によっては面接を省略したり、全てを一度に行ったりするのではっきりと決まったルールがあるわけではありません

 

仕事内容

 

仕事場に着いた瞬間に「あそこの注文とってきて!」と言われテンヤワンヤの私。

 

もちろんまだメニューを見たこともなかったし、説明もほぼ無しでいきなりでしたw

でも料理名が日本語で簡単だったのでよかった...

 

こんなの普通はありえないです!!!笑

 

仕事内容としてはウェイトレスでした。

注文を取り、注文内容をキッチンに伝え、料理を出し、テーブルを拭く。

 

キャッシャー(会計)は初めてだったのでやりませんでした。

 

給料

4時間働いたあとに給料を聞いたのですが

 

まさかの12ドル

 

こんなに低いと思わなかった...

ありえない...

 

通常は面接時に給料の話を聞いたりするのですが、

そもそも私の場合は面接もなかったしTrialもなかったので( ;´Д`)

 

ここは私のミスですね

この時から給料は必ず働き始める前に聞いています

 

働いた期間

 

1日です。

 

もっと言えば4時間だけ。

 

仕事が終わったあとに「明日も同じ時間に来てね!」と言われたのですが

給料が少なすぎるのに、お店は忙しすぎて割りにあっていなかったので辞めました

 

働いたその日の分の給料をもらってそのお店を去りました...

 

実際に働いた感想

 

ここがメルボルンで初めて働いて、初めて給料をもらったところなのですが

 

はっきり言って

私が経験した中で一番ダメなところでした...

 

そもそも日本食レストランなのに

オーナーは中国/ベトナム人で、キッチンは中国人で、ウエイトレスは韓国人

という謎の組織が成り立っていました笑

 

常に求人広告を出しているところは、常に人が辞めていっているところ

 

なので、Resumeを出す時は店内を観察してみたほうがいいです

 

 

ローカルのハンバーガーレストラン

 

f:id:maimi19:20170911184148j:plain

 

住んでいたところがサバーブ(郊外)だったこともあり、

家から近いところにResumeを出しまくって受かったのがここでした!

 

実際に家から徒歩10分!

 

家から近いのはとてもよかったです!

 

雇用されるまでにしたこと

 

Resumeを出した時に面接でした。

 

オーナー(スペイン人)のお母さんが日本人だったこともあり親日で、

私も大学で第二外国語としてスペイン語を専攻していたので話が弾みました!

 

後日Trialをして、そのまま働くかたちに!

 

仕事内容

 

小さな飲食店だったので、キッチンハンドとウエイトレスの両方でした!

 

ハンバーガーレストランだったので、食材を用意したり作ったり掃除したり...

今まで日本でもウエイトレスしかしたことがなかったので良い経験だった

 

 主にデリバリーの注文を多く受けてたところなので、注文が入ったらデリバリーの人が取りに来るまでに料理を完成させなければいけなかったのでスピード命!!

 

この時に電話からの注文も受けていたので、

特に苦手だった電話対応に少し慣れたのはよかったです

 

給料

 

キャッシュジョブ15.50ドルでした

 

最低時給よりは少ないですが、お店も暇なことが多いし

まかないは自分でなんでも作っていいし結構ゆるかったので

「まぁ、いいか。」と思っていました。

 

働いた期間

 

計3~4ヶ月ほど!!

 

最初に1ヶ月ほど働いてから、別の仕事をやり、

そこを辞めたあとにまたオーナーに「仕事を探してるんだよね〜」と言ったら「うちでまた働きなよ!」と言ってくれたのでまた2~3ヶ月ほど働くことに!

 

 ただ、「自分が辞めようかな〜」「やっぱ違うところで働こうかな〜」

思っているときに限ってオーナーが「今日来なくていいよ!」といのが何日も続き

全然シフト入れなくなってお金がなくなって結局違うところで働くという...

 

オーナーが適当な人で気分屋だったのがすごい嫌でした(´Д` ;)

めちゃくちゃいい人ではあるんですけどね...

(彼氏の誕プレ買うお金が無い!って言ったら$150くれたりしたので笑)

 

実際に働いた感想

 

まぁまぁかな!いい経験にはなった!

 

電話対応や話す言語は全部英語だし、

この時に英語でしゃべることに慣れたりもしてよかった。

 

個人的にはやっぱり電話に慣れることが出来たのが一番の利点

 

ただ、オーナーがスペイン人だったこともあって、

働いている子は全員スペイン語が第一言語。 

 

アジア人はもちろん私だけで、英語が一番話せるのも私だったので

フロントにお客さんが来た時や電話の対応は全て私でした笑

 

働いている時は、考え事も英語でしていたり、

英語でどういう風に説明すればいいのか考えたりもしたので

ここでだいぶ英語を話せるようになったのではないかと思います!

 

スペイン語の勉強にもなったし、

たまに一緒に働いている子がスペイン料理を作ってくれたのがいい思い出!

 

それでも私が徐々に足を引いたのは、

私より英語が話せる人がスペイン人のオーナーしかいなかったから!笑

 

目指すはオーストラリア人が働いている現地のローカルのお店!!

 

 

日本語教師

 

f:id:maimi19:20170919025423j:plain

 

だいたいの内容はここに書いてあるので、もしよければご覧ください!

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

19workholiday.hatenadiary.com

 

雇用されるまでにしたこと

 

私はGumtreeというオーストラリアでよく使われているサイト

自分で生徒募集の広告を出し、生徒さんからメッセージをもらって

会う日時・日本語の内容を聞いてから授業をしました!

 

仕事内容

 

生徒さんによって様々なのですが、ざっくり分けて2種類あります!

 

一つ目はConversation(会話)中心の授業

二つ目はWriting&Reading(読み書き)中心の授業

 

なぜこのように分かれるのか?

それは、これは生徒さんの目標としているゴールが違うからです!

 

一つ目の授業を受ける生徒さんは

  • 「日本へ旅行に行ったときに役立つ程度」
  • 「少しだけ日常会話が出来る程度」

これらを目標としています 

 

 しかし反対に、

 

二つ目の授業を受ける生徒さんは

  • 「将来日本で働きたい」
  • 「日本に住みたい」

という目標を持っている人が多いです!

 

あとは「日本が大好きすぎる!」という人も二つ目の授業を受ける傾向にあります

 

オーストラリアでは日本語を第二外国語として選択する人が

多いのでかなり需要あると思います!!

 

給料

 

1時間$25です

 

学生は$5OFF!

 

これが一番高くお金をもらっているのですが

実際、交通費・教材費(印刷代&筆記用具代)は自分持ちですし

授業の用意も自分持ちなので時給換算したらこれより全然低くなります!

 

授業はカフェですることが多いので生徒さんによっては

コーヒー代を出してくれる人もいます!ちょっと嬉しい!!笑

 

働いた期間

 

4月上旬からなので約半年ほど。

 

生徒さんが見つかればとっても働き始めやすい仕事です!

 

実際に働いた感想

 

日本語教師は難しい。

 

その分やりがいはありますが、かなり大変です。

教えるだけではなくて自分も勉強しなければいけないので!

 

でも色んな生徒さんに会えて色んな話ができたのはすごくいい経験になりました!

 

私はこの仕事が大好きです!

 

 

ローカル日本食レストラン 

 

シティより少し離れた郊外にある日本食レストランで働きました!

オーストラリアオーナーで、お客さんもほぼオーストラリア人!

 

めちゃくちゃいいところでした

 

雇用されるまでにしたこと

 

話が長くなるのですが、簡単に言うとオーナーの旦那さん(日本人)が

何十年も前にピアノ教師をしている祖母の教え子だったので、そのご縁もあり

働かせていただくことになりました!初日にresumeを渡して軽く話してtrialでした!

 

仕事内容

 

ウエイトレスでした!

 

開店前にテーブルのチェックや予約の確認。

この予約の確認の時は主に電話なので、前に働いたバイト先で得た経験が役立ちました

 

開店したらお客さんをテーブルまでご案内して、メニューを渡して、注文をとって、キッチンに渡して、料理を運んでお会計をして、お皿を下げてなど...

 

難しいことは特にありませんでした

 

たまに大変だったのはお客さんがビーガンだったりする時!

 

お味噌汁はビーガン用じゃなかったり、品物によっていろいろなので

メニューの料理を軽く覚えるのに少し時間かかりました!

 

給料

 

$18です!

 

オーストラリアの最低賃金レベルですね

これにチップがプラスでつくので、多い日は1日$10以上のチップがもらえます!

 

少し高めの日本食レストランなので、お客さんもチップを払ってくれる人が多いです

これが飲食店で働く利点の一つ(*`・∀・´*)゚

 

働いた期間

 

約3ヶ月です!

 

ですが働いた日数は少ないです

週に3-4回ぐらいでしたが、給料がよかったのでなんとかなりました!

 

実際に働いた感想

 

メルボルンで最後のバイト先にして最高によかったバイト先です

 

まかないももらるし、英語が使えるし、仕事はそんなに大変じゃなかったし!

 

まかないが日本食だったのが嬉しかったです!

 

しいて言えばTHEオーストラリア人(特に年配の方)のアクセントが聞き辛くて

「Sorry?」「Pardon?」と聞き返してしまうことが多かったくらいでしょうか汗

 

ローカルの日本食レストランはおすすめです!

 

 

まとめ

 

結果的には

日本食レストラン2つ(シティー1・郊外1)ローカル飲食店1つ、その他1つ

でした!!!

 

トライアルなどを含めたら日本食レストラン4つ追加(シティー3・ローカル1)

面接のみならローカル飲食店2つ、カフェ1つ追加です

 

Resumeはオンラインも含めたら50枚以上は余裕に配っていると思います!

 

日本人が多く働いている日本食レストランは

常にスタッフ募集しているイメージがあります笑

 

もう一度言いますが、

常に求人広告を出しているところは、常に人が辞めていっているところ

 

なので一概にブラックとは言えませんが、ブラックのところが多いかもしれません

 

「働きたい!」という気持ちが相手側にも伝われば良い結果に繋がります

今後メルボルンで、オーストラリアで仕事探しする人は参考にしてみてください !

 

 

以上!まいみんでした!!

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!!

 

ポチっとお願いします!↓↓↓

 

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 女子大学生へ
にほんブログ村