19歳まいみんの世界を回る旅

19歳まいみんの世界を回る旅

2017年19歳の春、ずっと憧れていた海外オーストラリアに初のワーキングホリデーへ!現地に行かないと分からない裏話・お得情報、そして観光スポットなど!行ってみないとわからない有益な情報をブログに書いていきます!見ちゃダメだよ絶対!!?!

格安航空のJetstarでメルボルンからシドニーへ行ってみた!

こんにちまいみーん!!

 

どうも!今日も元気いっぱいな"まいみん"こと"まいみ"です!

さて今回の記事は人生初の格安航空(LCC)に乗った時の体験レポ

 

「格安航空ってボロボロで危なそう...」

「機内が狭くて、サービス悪いって聞いたことあるから不安。」

「乗ったことないからシステムが良く分からない...」

 

っていうそこのあなた!!!

 

私も最初はそう思っていました...

なので今日は全部の格安航空の不安や疑問を解決していこうと思います!

 

では、Here we go!!!

f:id:maimi19:20171018194117j:plain

 

 私が格安航空(LCC)を選んだ理由

 

結論から言うと、お金がないからです。

 

ネットで調べるとワーキングホリデーは稼げるだの、なんだのと出てきますが、

実際は人次第です。または運次第。

 

私の場合はメルボルンを出る前にジャパニーズレストランと日本語教師を掛け持ちでやっていましたが、グレートオーシャン旅行やシドニー旅行、そしてゴールドコーストへの引っ越しや家賃代・食費・交通費etc...を考えてお金がギリギリだったので、

 

一番安くメルボルンからシドニーへ行ける方法

つまり、飛行機で行くことに決めました!

 

とは言ってもカンタス航空(日本でいうJALのような航空会社)は片道150ドルします。

ですが、ここでお金がない学生の味方LCCの登場です!笑

 

私の今回のフライトはアバロン空港からシドニーへ行く夜8時発の便だったのですが、そのお値段、

 

なんと..

 

たったの60ドル。

 

カンタス航空の二分の一以下ですね!!!!

これはもう格安航空を選ばないという選択肢がないです!

 

日にちや時間によっては片道100ドルを超える便もありますが、片道40ドル前後の便も見つかります!

私はGoogle FlightまたはJetstarの公式ホームページで値段を調べました。

 

荷物に追加料金がかかる

 

私はLCCを利用したことがないので、格安航空がなぜ安いかと考えたこともなかったのですが、機内での食事、座席の指定などに追加料金がかかるので、オプションを追加すればするほどそれなりの値段になります。

 

そして私が驚いたのは

荷物に追加料金がかかること。

 

これは先ほど適当にフライトを見てみたところ...

 

f:id:maimi19:20171018202705p:plain

 

このように、受託手荷物の重さによって追加料金が変わってきます。

受託手荷物とは別に、機内へ持ち込める手荷物は7kg無料でついてきます。

 

なので、LCCを使う時には

手荷物を全部7kg以内に抑えられて、機内で飲食せず、座席も指定しなかったらコストが最安値で済むというわけです!

 

私はさすがに1年分の衣類とヘアアイロンやドライヤー、化粧品etc...がスーツケースにびっしりだったので25kgで24ドル追加になるオプションをつけました。

 

※ チケットを購入する時にオプションも追加するのが一番安いです!

チケットを購入した後でもオプション追加は可能ですが、割高に。さらに、空港でチェックインする時にオプション追加すると最初の何倍もの値段になるので注意。

 

チェックイン時

 

「格安航空は荷物の重さに厳しい。」

 

と、一度は聞いたことがありませんか?

もちろん荷物の追加は料金を払うシステムになっているので厳しい理由もうなづけます。

 

ですが、実際本当に厳しいのか!?どうなのか!?

 

私が体験してきた全てをこれからお話します!!

 

まさかの5kgオーバー

 

はい。そうです。

チェックイン時にスーツケースがまさかの重量オーバーでした...

 

空港に来る前にきちんと体重計で測ったのですが、どうやら体重計が壊れていたそうです汗

まぁ追加料金を少し払えばなんとかなるだろうと思い、スタッフさんに聞いてみると、

 

「1kg超過につき、15ドルになります。」

 

とのこと。

どぇぇぇっぇえええええ!!ボッタクリじゃないか!!!

 

チケットを買う時に17ドル払えば15kg預けられるのに対し、

チェックイン時になったら15ドル払ってたったの1kg...

 

5kgオーバーともなると60ドルを支払わなければいけなくなるので、少し残っていたシャンプーやリンス、衣類もろもろを捨て、厚い毛皮のついたコートを羽織り、なんとかマイナス5kgに成功しました!!!

 

重量オーバーだったら着ればいい。

 

私の家訓に追加しておきます笑

機内持ち込みは本当は7kgまでだったのですが、7.4kgでもセーフ!優しい方でした。

 

重量制限をクリアして、搭乗口へ!

 

搭乗口はどんな感じ?

 

じゃじゃーん!!

 

f:id:maimi19:20171018194046j:plain

f:id:maimi19:20171018194100j:plain

 

以外と広々としていて、水や軽食を売っているお店もあります!

テーブルもあり、プラグもあるので充電することも可能です。

 

これはメルボルンのアバロン空港(ど田舎)での場合なので、各空港によって違うと思われます!!

 

ただ、水が高い。

 

一本4〜5ドルしました。

荷物制限が大丈夫であれば、出来れば持っていくのがいいですね!

 

気になる飛行機の中

 

LCCは実際にめちゃくちゃ狭いのか?!

実際に写真も撮ってきました(*`・∀・´*)゚

 

これで真実が明らかに!!

 

外からの乗機

 

登場時間になったら、空港から外へ出て自力で飛行機まで行きます。

雨じゃなくてよかった!!

 

f:id:maimi19:20171018194117j:plain

 

近くで見る飛行機は大迫力でついつい写真を撮りたくなってしまうほどでした笑

 

f:id:maimi19:20171018194151j:plain

 

チケットを見せると、

 

「あなたは後ろから乗ってくださいね。」

「前から乗るようにお願いします。」

 

と乗務員の人が案内してくれるので、言われた方の階段から登って行って機内に入ります。

 

これがLCCの機内だ!!

 

さて機内に入ると右と左に3席ずつ並んだ座席が目に入ってきました。

私は身長が170cmあるのですが、そこまで天井は低いと感じませんでした!

 

思っていたよりも一般的な機内です。

 

f:id:maimi19:20171018194214j:plain

 

自分の座席を見つけ、座ってみると...

 

んんんん!?!?

 

f:id:maimi19:20171018194228j:plain

 

せっ、せまい!!! 

 

後もう少しで膝が前の座席にくっつきそう!!

しかも前の人が椅子を倒した時にはもう目の前まできて「マジか!」と驚きました...

 

でも1時間ちょっとぐらいしか乗らないので、別に机も倒すことはないですし、乗っている間に支障はありませんでした。

 

横幅はそうでもないのですが、一般的な座席と比べると少し窮屈かもしれないです。

 

結論、

 

LCCは狭いけど全然我慢できるレベル。

 

でした!!!

 

番外編: 機内サービスの食事や飲み物

 

一般的な航空会社だと、水や好きな飲み物、そして食事が付いてきますよね!

しかもそれはチケット代に入っているので実質無料。

 

ですがLCCだと、それらの飲食物は全て有料です。

 

ということでそのメニュー表があったので見てみました!!

 

f:id:maimi19:20171018194242j:plain

 

メニューは前座席の後ろにあるネットの中に入っています。

 

ちょっと中身を見てみましょう!!

 

f:id:maimi19:20171018194259j:plain

 

トーストが9ドル!?!?!

 

f:id:maimi19:20171018194335j:plain

 

コロナビールも9ドル!?

 

やはり少し高めな値段設定でした...

 

もともと外食などの商品は高いオーストラリアですが、それでもこれは割高ですね。

でも、どうしてもお腹が空いちゃった!どうしてもビールが飲みたい!という人にはいいかも!笑

 

タイム is マニーですもんね!笑

 

ちなみにこんなお子様パックや、ちょっとしたおもちゃなども販売していました。

 

f:id:maimi19:20171018194353j:plain

 

まとめ

 

結果、悪くなかった!

むしろ良かった!!!

 

格安航空と聞くとネガティブなイメージしかありませんが、今回実際に体験してみたことでポジティブな印象に変わりました!

 

サービスは悪くないですし(むしろいい)、機内で特に嫌だったこともなかった(縦は狭いけど横は普通だからOK)です!

 

これで安いなら、次からもLCCにします!

 

てかLCCにしない理由が見つからない!

 

皆さんもぜひ!オーストラリアの国内旅行ならLCCを使ってみてくださいね!

 

 

以上!まいみんでした!!

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!!

 

ポチっとお願いします!↓↓↓

 

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 女子大学生へ
にほんブログ村